大阪ESCO協会


印はすべて入力してください。
数値は半角数字でお願いします。

*建物用途 選択してください
*建物所在地 診断対象物件の所在地(都道府県・市町村名)をご記入下さい
*診断用
 延べ床面積
m2 屋内駐車場を除いた延床面積をご記入ください
*竣工年 西暦 診断対象とする建物の竣工年、または竣工後に大規模設備改修を行った場合は、その年(西暦)をご記入ください
*1日
 稼働時間
平日 時間 平日は時間数を記入し、休日は選択してください
休日


印はすべて入力してください。
数値は半角数字でお願いします。

*契約電力量   kW  
*年間
 光熱水量
電気 kWh 昼間電力と夜間電力の区別はしません。合計値をご記入ください。
  都市
ガス
m3 ガスの種類 選択してください
大阪ガスエリアは、13Aとなります
  LPG kg  
  L 油の種類 選択してください
  上水 m3  
  その他
の水源
m3 水源の種類 選択してください
  地域熱供給の場合は以下にどうぞ  
  冷水 GJ
  蒸気 GJ  
  温水 GJ
 
*年間
 光熱水費
電気 千円
  都市
ガス
千円
  LPG 千円
  千円
  上水 千円
  その他
の水源
千円
  地域熱供給の場合は以下にどうぞ  
  冷水 千円
  温水 千円
  蒸気 千円  


普段から省エネルギーに配慮している項目を
チェックしてください。

■エネルギー管理について
エネルギーデータを記録し管理している
エネルギーを管理する体制がある
使用していない部屋はこまめに照明や空調を停止している
機器のメンテナンスを定期的に行っている(例えば、フィルタの清掃等)

■熱源・空調設備について
室内の温湿度設定を緩和している(例えば、夏季28℃、冬季20℃等)
外気取入量を調整あるいは制御している
変風量あるいは変流量制御により、負荷変動に対応している
ガラス面の日射負荷を低減している(例えば、こまめなブラインド操作、熱反射フィルム貼等)
良い季候のときは、窓を開けたり、外気冷房を行っている
電気室やEV機械室などは室温による換気制御を行っている

■給湯・給水設備について
女子トイレに擬音装置を導入している
節水コマなどによる節水装置を採用している

■照明・電気設備について
電力量の管理(デマンド管理)を行っている
インバータ照明器具などを採用している
適正な照度により管理や制御を行っている

■その他
氷蓄熱システムを採用している
コージェネレーションシステムを導入している
雨水利用など自然エネルギーを有効利用している
太陽光発電など新エネルギーを利用している


使用している機器類を選択してください。

*主たる
 熱源方式
選択してください
*主な
エネルギー源
選択してください
 
*主たる
空調熱源機器
冷房 割合 %
割合 %
注)吸収式冷温水機、吸収式冷凍機、ターボ冷凍機、電動チラー、パッケージエアコン、その他から選択してください
暖房 割合 %
割合 %
注)吸収式冷温水機、電動、ボイラ、パッケージエアコン、その他から選択してください。
*蓄熱方式 選択してください
*熱源制御 選択してください
*主たる
 空調方式
選択してください
*主たる
 換気方式
電気室等 選択してください
屋内駐車場
*主な
 節水対策
便器 選択してください
センサー器具
女子WC
節水コマ
*主な
 照明方式
器具 選択してください
昼光
センサー
人感
センサー
*室内空調
 条件
選択してください
*空調熱源
 運転時間
選択してください
*空調熱源
 運転期間
選択してください
厨房の有無  


各項目が可能な場合はチェックマークを入れてください。
数値を把握されている場合は半角数字で入力してください。

 熱源設備  

熱源一次ポンプの変流量制御(インバータ制御)
  ができる
注)個別熱源と地域熱供給の場合は、
入力できません。
熱源運転時間 (デフォルト値) 1,820 時間/年 入力 時間/年
 例)空調熱源運転時間8〜21h/空調熱源運転期間夏7〜9月・冬12〜3月
ポンプ合計容量 (デフォルト値)44kW・合計台数4台 入力 kW・合計台数

熱源二次ポンプの変流量制御(インバータ制御)
  ができる
注)個別熱源の場合は入力できません。
熱源運転時間 (デフォルト値) 1,820 時間/年 入力 時間/年
 例)空調熱源運転時間8〜21h/空調熱源運転期間夏7〜9月・冬12〜3月
ポンプ合計容量 (デフォルト値)88kW・合計台数4台 入力 kW・合計台数

熱源冷却水ポンプの変流量制御(インバータ制御)
  ができる
注)個別熱源と地域熱供給の場合は、
入力できません。
冷房熱源運転時間 (デフォルト値) 780 時間/年 入力 時間/年
 例)空調熱源運転時間8〜21h/空調熱源運転期間夏7〜9月・冬12〜3月
ポンプ合計容量 (デフォルト値)88kW・合計台数4台 入力 kW・合計台数

 空調設備  

空調機の変風量(VAV)制御(インバータ制御)
  ができる
注)個別熱源の場合は入力できません。
中央式で、冷却塔のある熱源の冷却水ポンプの変流量制御ができる場合はチェックしてください
空調運転時間 (デフォルト値) 1,820 時間/年 入力 時間/年
 例)空調熱源運転時間8〜21h/空調熱源運転期間夏7〜9月・冬12〜3月
当該空調機合計容量 (デフォルト値)202kW・合計台数72台 入力 kW・合計台数

室内CO2濃度による外気取入量制御ができる 注)個別熱源の場合は入力できません。
空調機方式で、室内CO2濃度による外気取入量制御ができる場合はチェックしてください
  ●空調機による外気とWC等の排気がバランスしている場合は、採用できません
●空調機の外気系統に全熱交換器を設置している場合は、外気量に(1-全熱交換器効率)をかけてください。
●空調機 (デフォルト値) 入力
  当該空調機外気量
合計m3/h
81,000
当該空調機外気量
合計m3/h
 
当該空調機系統数
72
当該空調機系統数
●CO2濃度 (デフォルト値) 入力
  現状室内
CO2濃度(ppm)
600
現状室内
CO2濃度(ppm)
 
外気
CO2濃度(ppm)
400
外気
CO2濃度(ppm)
●冷房熱源 (熱源機器、一次・二次ポンプ、冷却水ポンプ、冷却塔等の設備合計入力値を入力ください)
  合計容量kW 電気定格合計入力kW
  都市定格合計入力mm3/h 油定格合計入力L/h
  冷却水定格合計m3/h    
●暖房熱源 (熱源機器、一次・二次ポンプ等の設備合計入力値を入力ください)
  合計容量kW 気定格合計入力kW
  都市定格合計入力mm3/h 油定格合計入力L/h

空調機の予冷・予熱時の外気カット制御ができる 注)個別熱源の場合は入力できません。
  ●外気カット時間
●空調機 (デフォルト値) 入力
  当該空調機外気量
合計m3/h
81,000
当該空調機外気量
合計m3/h
 
当該空調機系統数
72
当該空調機系統数
●冷房熱源 (熱源機器、一次・二次ポンプ、冷却水ポンプ、冷却塔等の設備合計入力値を入力ください)
  合計容量kW 電気定格合計入力kW
  都市定格合計入力mm3/h 油定格合計入力L/h
  冷却水定格合計m3/h    
●暖房熱源 (熱源機器、一次・二次ポンプ等の設備合計入力値を入力ください)
  合計容量kW 気定格合計入力kW
  都市定格合計入力mm3/h 油定格合計入力L/h

 換気設備  

電気室等の室内温度による換気制御ができる  
換気運転時間 (デフォルト値) 2,450 時間/年 入力 時間/年
 例)例)空調熱源運転時間8〜21h
高圧変圧器合計 (デフォルト値)4,237kVA 入力 kVA
給排気ファン
合計容量
(デフォルト値)6kW 入力 kW

屋内駐車場のCO濃度による換気制御ができる  
換気運転時間 (デフォルト値) 2,450 時間/年 入力 時間/年
 例)例)空調熱源運転時間8〜21h
屋内駐車場面積 (デフォルト値)5,080kVA 入力 kVA
給排気ファン
合計容量
(デフォルト値)46kW・合計台数3台 入力 kW・

 衛生設備  

女子WCに擬音装置を設置できる  
延床面積に対する
事務室有効率
(デフォルト値) 60% 入力
女性の比率 (デフォルト値)20% 入力
女性用便器の個数 (デフォルト値)51個 入力

洗面器に節水コマを設置できる  
延床面積に対する
事務室有効率
(デフォルト値) 60% 入力
女性の比率 (デフォルト値)20% 入力
洗面器の個数 (デフォルト値)97個 入力

 電気設備  

照明器具について高効率安定器への更新ができる  
既設のFL40W照明器具の安定器を高効率型に更新できる場合はチェックしてください
照明点灯時間 (デフォルト値)2,450時間/年 入力 時間/年
FL40W照明器具数 (デフォルト値)4,219台 入力

ご記入お疲れさまでした。内容をよく確認してから、下のボタンを一度だけ押してください。
必要な場合は、入力画面をコピーしてください。

診断開始